TOP
会社概要
製品資料
お問合せ

延焼防止のために!

建築物が大型化・高層化・情報化の発展につれ、様々なケーブルが建築物内を網の目のように配管・配線されています。
一旦火災が起こるとそのケーブル配管を伝い大災害へと発展します。
耐火材はそんな大災害を防止する為に最も有効な措置と言えるでしょう。

ケーブル火災を防止し、人命や財産を守る為にこの防火措置が必要となります。

耐火材営業部

防火区画貫通部の防火措置工法とは:

防火区画とは、一般建築物で火災発生時に火災の拡大や煙の伝播を防止する目的で、建築物の用途・一定の床面積・階段やシャフトなどの縦穴ごと、耐火構造の壁・塚・防火戸によって区切られた防火上有効な区画(建築基準法第36条及び同法施行例第112条)のことを言います。
この防火区画を配電管などが貫通する際には、一定基準値に適合する防火措置(建築基準法第112条第15項及び第129条の2の5第1項七号八)を講じなければなりません。